FC2ブログ

感動の瞬間

この頃は、感動することが少なくなりました。人生経験が長くなったからでしょうか。過って、何を見ても目新しく目を輝かしていたときがありました。 もう一度リセットして新しい発見に胸をときめかしたいものです。

変身

白かったかぶと虫の幼虫が黄色くなると、やがて脱皮して大変身を遂げさなぎになります。
幼虫の形からして、想像もつかない形です。しかも短時間にこれを成し遂げるのです。
黄色くなった幼虫
さなぎは、2~3週間もすると、また変身をして成虫になります。

オスのさなぎ
   オスのさなぎ

メスのさなぎ
   メスのさなぎ



スポンサーサイト



  1. 2007/06/21(木) 08:05:03|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蜂の巣

この時期、蜂が盛んに巣を作りはじめる。
蜂の巣の駆除の依頼が来はじめるのも今頃からである。

民家から依頼があって出掛けた。
あしなが蜂は、巣を直接刺激しなければ襲って来ることはないので、人に危害が及ばない所なら駆除することはないと思ったが、巣のある軒下周辺は、近所の幼児の遊び場になっており、退治した。

親蜂を残しておくとまた巣を作る。
ハチさん、ごめんね。

あしなが蜂の巣

大きいのが親蜂(女王蜂)。子供の蜂(働き蜂)も生まれてきており、今時分にしては巣が大きい。

今年から、市での駆除はやらなくなったので、シルバー人材センターへ依頼が来るようになった。
これに対応するため、シルバー人材センターで募集があったので、思わず手を挙げてしまった。

先日、打ち合わせ会議があり、10人ほどが集まった。
皆ベテランみたいだが、当方は、幼少の砌に巣を棒でひっぱ叩いて遊んだ程度の経験しかないが、何事も挑戦と決めた。

お陰で、「危険なことを」と、また家内の猛反対にあって、物を言って呉れない事態に。
本当に心配して呉れているのかナ。なーんちゃって!

  1. 2007/06/11(月) 18:15:35|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛虫その後

庭の柿の木についた毛虫、4月21日には体長2cm位だった(関連記事はこちら)のが、あれから1ヶ月、7cm超にもなって、もう立派なオトナ?になりました。

エラソーな顔つきの毛虫
顔つきもエラソーになり、イッチョ前の悪人の顔です。
もう間もなく、さなぎになり、やがて蛾になるのでしょう。

毛虫のサイドビュー
それにしても沢山の毛が生えているものです。
ヒマがあったら数えてみるのもよいかも。

  1. 2007/05/21(月) 22:15:35|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムカデ

庭の植木鉢の下にいるのを見つけた。
10cm位はある。

昔、古い家に住んでいた頃、夜中、畳の上を何やらザワザワ音がするので、飛び起きて電気を点けて見たら、コイツが這っていた。
以来、コイツとは相性が悪い。キモイのである。おまけに毒を持っている。

でも、折角お目にかかったのだから、記念撮影に取り掛かったが、すばやく逃げ回って思うように撮れない。敵も怖いのであろう。
接写で顔の表情でも撮りたいが、こっちも怖いのでやめた。

百足

ムカデは、百足と書くので、この際ついでに、本当に百足もあるのか数えてみた。42本である。
コイツの胴体は、頭から尻尾まで、22節からなっており、頭を除く各節に1対づつ足が付いている。

あぁ~、きもい!

  1. 2007/05/15(火) 20:14:57|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

めずらしい訪問者

今日、我が家の玄関にめずらしい訪問者がありました。
隣の草むらの方からやってくるのを、1歳半の孫が見つけ母親が大騒ぎしていました。
当たり前にいたヘビも近年は、滅多に見かけなくなりました。

1.5m位でアオダイショウとしては普通の大きさですが、それでもずっしりと重さを感じます。
大きさからいって、昨夏も訪れてきてくれたヤツらしい。
なつかしい思いがして、早速記念撮影をして、草むらへ返してやりました。
また、お目にかかることもあるでしょう。

アオダイショウと睨めっこヘビの顔

にらめっこして、赤い舌を盛んに出していましたので、何枚もその瞬間を撮ったつもりでしたが1枚も、赤い2つに枝分かれした舌は写っていませんでした。残念。
デジカメはシャッターを押した一瞬のタイムラグがあるのを忘れていました。

姿かたちや動作はキモイですが、かわいい顔をしています。

  1. 2007/04/28(土) 23:18:37|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛虫

庭の柿の木も一斉に芽吹いてきましたが、ちょっと様子がおかしいのです。
葉っぱが虫に食われて穴だらけなのです。
幾ら犯人を捜しても見つかりません。

食害にあった柿の葉と毛虫
脚立を持ってきて葉の裏表をつぶさに探して、やっと2cm位の毛虫を1匹見つけました。

これだけの食害ですから、もっと沢山いなければならない筈ですが、他にはいないのです。
こんな筈はありません。一体何処へ行ってしまったのでしょうか。

幹に隠れている毛虫幹の裏側、陰になる部分に固まっていました。
保護色なのでしょうか、これではとても見つけるのは容易ではありません。

日中は隠れていて、夜になるのを待って一斉に食事をするのを、突き止めました。
うまく生き延びるとやがて7cm位になるのではと期待しています。

  1. 2007/04/21(土) 21:14:26|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶり

3月6日は、冬篭りの虫が這い出るという啓蟄でした。
当然、当方としては虫にお目に掛かれると期待して待っていたのですが、吃驚するような寒さと暴風雨に見舞われ、ブログも放ったらかして思わず当方も冬篭りしてしまいました。本格的な冬の始まりと勘違いしたのでした。


冬篭りから醒めてみると桜は満開、慌てて仲間の虫たちを叩き起こしてやりました。
カブト虫の幼虫たち
↑大きいのはオスで小さいのはメス


こいつら、カブト虫の幼虫は丸々と肥って、丸まったところは鶏卵ほどの大きさにもなっています。
持ち上げてみるとずっしりと重量感があります。
でも、よく見れば可愛い顔をしているでしょう。
かわいい幼虫の顔
↑幼虫でもイッチョ前に足は6本、指だってあるよ


冬篭り中も遠慮もなく食べていたんでしよう、ウンコもバケツに一杯獲れました。
幼虫の糞
↑これ全部カブト虫の幼虫のウンコ

  1. 2007/04/01(日) 19:27:18|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

源之右衛門

Author:源之右衛門
ようこそ!


60歳を過ぎてからパソコンを始めました。別の世界が開けました。お陰でゴルフの世界から撤退です。

150坪の家庭農園からは、無農薬大量虫つき野菜が穫れますが、誰も食べて呉れません。でも、野良仕事が好き、というより陽に当たっていないと体の動きが鈍くなるので、続けるつもりです。どうも私の体は太陽電池で動いているようです。

日が沈むと、さぁ、エタノール燃料電池に切り替えです。また元気がでます。パソコンの世界も拡がります。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
クリックしてネ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター