FC2ブログ

感動の瞬間

この頃は、感動することが少なくなりました。人生経験が長くなったからでしょうか。過って、何を見ても目新しく目を輝かしていたときがありました。 もう一度リセットして新しい発見に胸をときめかしたいものです。

芽が出た

土を割って出てきたジャガイモの芽

2月に埋めたジャガイモの芽が出てきた。
実に1ヶ月半もかかって、冬を凌ぎ土を割ってのお出ましだ。
おお、おお!よく出てきてくれた。
時間をかけて満を持しての出芽に力強さと勢いを感じる。

これから僅か2ヶ月で収穫である。

スポンサーサイト



  1. 2007/04/02(月) 20:37:32|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨水

チューリップの芽

しばらく庭も放ったらかしにしていたが、久しぶりに見たらチューリップがここかしこに芽を出していた。

今日は、二十四節気の雨水。
雨がぬるみ出し草木が芽を出す支度をはじめる日とある。

そういえば、畑に植えたたまねぎも、急に勢いを増して葉が伸びてきた。
この分でいけば春も早そうだ。
そろそろじゃがいもを植えることしよう。


二十四節気は、高島暦によれば、太陰暦を用いていた頃、暦と実際の気候との差異があって、農家などにおいて不便であった。
そこで、太陽が春分点から翌年の春分点までを黄経360度とし、これを24に分割して節気とし、1年の気候の推移変遷を把握していった。
その節気の1期間は約15日、とある。

  1. 2007/02/19(月) 19:32:52|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が農園のお客様

鳥に食べられたキャベツ
この季節、いろいろな鳥が矢鱈と目につく。
特に、ヒヨドリは、キャベツ、ハクサイなどの葉物野菜を好んで食べるようです。

裸にされたブロッコリー
我が農園のキャベツやハクサイは、てっぺんから穴をあけられ、ブロッコリーは、葉っぱを食べられて裸にされてしまいます。

虫たちは我が農園の住人ですが、鳥たちは外から来るお客様です。
キャベツやハクサイも、毎年それぞれ25個ほど作るのですが、住人やお客様の狼藉が過ぎて、そのおこぼれで三分の一程度しか収穫できません。

畑を耕していると、よく見知らぬ鳥が鍬の下まで入ってきて、掘り出されるミミズを取りにきます。危なくて作業がはかどりませんが、こうなると可愛いものです。

まあ、あれもこれもあって共存共栄ですから、いいとしても、今取り沙汰されている鳥インフルエンザは、大丈夫かとそちらの方が気になります。

それにしても、近年、鳥の種類と数が増えているように思うのですが、どんなもんでしょうかねェ。




  1. 2007/01/14(日) 11:10:22|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大ニンジン

巨大化したニンジン
昨年9月中旬に撒いたニンジンを穫ってみた。
ニンジンとしては遅い播種であるが、巨大化してしまっていて、びっくりした。大根ほどの大きさです。

直径7~8cm、長さは30cm近くもある。こんなところにも温暖化の影響が出てきているのでしょうか?
僅かな気温の上昇が生態系を変えるといわれているので、ちょっと気がかりですね。



ブログランキングに参加しています。
クリックしてネ!


  1. 2007/01/03(水) 21:53:40|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もみじとさくらが競う

普門寺の寒桜
小雨の降る中、普門寺(愛知県豊橋市)へ行ってきました。
この時期、真っ赤に染まったもみじの中に、淡いピンク色のさくらが侘しげに咲いており、もみじとさくらが同時に見られます。
さくらは盛りを過ぎていますが、紅葉は見事です。

地元の人の話によれば、1週間前が一番の見ごろだったとのこと。毎年12月の第1日曜日が普門寺のもみじ祭で賑わうそうです。
もみじとさくらの競演普門寺の桜花普門寺のもみじ普門寺の紅葉

雨に煙ぶる普門寺は、4月のさくらと12月のもみじが同居している不思議な世界です。




FC2 Blog Ranking


[もみじとさくらが競う]の続きを読む
  1. 2006/12/12(火) 21:46:49|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うわっぁ~!

巨大大根
我が農園の大根も、ぽかぽか陽気に、ついうっかりほだされてか、びっくりするほど巨大化してしまいました。

全長70cm超、直径12cmもあります。この時期こんなに大きくなったのは初めてです。
普通は全長40cm、直径7cm位ですから驚きです。2月収穫用に種蒔きしたものも、既にこの大きさに成長してしまっています。

巨大化したものは、みんな敬遠して貰ってくれる人がなかったのですが、現物を見せたらたちまち珍しいからといって、数本が捌けました。見世物にでもするつもりでしょうか。

ところ~で、1つ穫ってきて鍋にして見ました。
図体に似合わず、柔らかくてとても美味、普通サイズのと変わりません。これはいける!!
でも普通の家庭では処理しきれないかも。


  1. 2006/12/01(金) 10:22:10|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿原の整備作業

湿原の除草作業
天伯湿原整備作業に参加しました。
天伯湿原保護の会のメンバーを中心に30人ほどで、雑草で覆われた最下層部の除草をやりました。

除草された湿原
近年、高栄養化の土砂の流入、雑草の繁茂、腐葉土の堆積の悪循環により、泥沼化が進み貴重な動植物がピンチに立たされています。
堆積物を除去して、昭和30年頃の裸地に清水がさらさら流れている状態に戻したいものです。

裸地のモウセン苔冬枯れのシラタマホシクサ
裸地にはモウセン苔が残っています             冬枯れのシラタマホシクサ

湿原は、独立の小山である天伯山神社境内2万坪(66千㎡)の東端の一角からの湧水に潤っている6百坪(2千㎡)です。
今、境内の樹林の中に散策道の整備も進められており、氏子総代会と連携しての取り組みが求められます。


  1. 2006/11/26(日) 18:24:49|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

源之右衛門

Author:源之右衛門
ようこそ!


60歳を過ぎてからパソコンを始めました。別の世界が開けました。お陰でゴルフの世界から撤退です。

150坪の家庭農園からは、無農薬大量虫つき野菜が穫れますが、誰も食べて呉れません。でも、野良仕事が好き、というより陽に当たっていないと体の動きが鈍くなるので、続けるつもりです。どうも私の体は太陽電池で動いているようです。

日が沈むと、さぁ、エタノール燃料電池に切り替えです。また元気がでます。パソコンの世界も拡がります。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
クリックしてネ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター