FC2ブログ

感動の瞬間

この頃は、感動することが少なくなりました。人生経験が長くなったからでしょうか。過って、何を見ても目新しく目を輝かしていたときがありました。 もう一度リセットして新しい発見に胸をときめかしたいものです。

銀水の戦略

5台のバス
シルバー人材センターの会員研修旅行で西伊豆堂ヶ島温泉へ行ってきました。バス5台で会員200名参加です。

NEW銀水
宿は、全国ホテル100選第9位のNEW銀水です。

部屋からの眺望第9位というのは、どういうところが違うのでしょうか。
設備、眺望、従業員の教育は、基本的なこととして接客業では当たり前の時代。ということで、どこで差別化しているのか、ちょっと興味がありました。

靴に差込まれた消臭和紙
宿に着いてミョーに納得したものです。
例えば、はじめに部屋に案内されると、「洗濯しておきますので、靴下をお出し下さい」ときた。流石にパンツをとまでは言わなかったが。
翌朝出立前になると、消臭、抗菌、芳香和紙が揃えた靴に差し込んでありました。

一つひとつは、費用も余りかからない小さなことではあるが、「おぉっ!」と想定外の気配りが随所にあって興味深い。
この程度の小さな驚きに、泊り客は大切にされていると感じるのであろう。
予算内でどこまでできるか、第9位の差別化戦略の一端を垣間見た一瞬でした。

なお、姉妹店、稲取の銀水莊は第2位とのこと。おかみは、昭和4年生まれ。


スポンサーサイト



  1. 2006/11/29(水) 18:54:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湿原の整備作業

湿原の除草作業
天伯湿原整備作業に参加しました。
天伯湿原保護の会のメンバーを中心に30人ほどで、雑草で覆われた最下層部の除草をやりました。

除草された湿原
近年、高栄養化の土砂の流入、雑草の繁茂、腐葉土の堆積の悪循環により、泥沼化が進み貴重な動植物がピンチに立たされています。
堆積物を除去して、昭和30年頃の裸地に清水がさらさら流れている状態に戻したいものです。

裸地のモウセン苔冬枯れのシラタマホシクサ
裸地にはモウセン苔が残っています             冬枯れのシラタマホシクサ

湿原は、独立の小山である天伯山神社境内2万坪(66千㎡)の東端の一角からの湧水に潤っている6百坪(2千㎡)です。
今、境内の樹林の中に散策道の整備も進められており、氏子総代会と連携しての取り組みが求められます。


  1. 2006/11/26(日) 18:24:49|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう、水仙の花が・・

水仙の花
庭の草取りをしていて、水仙が一輪咲いているのを見つけました。見ると他の株も蕾が膨らんでいました。まだ11月です。
例年より大分早いのではないでしょうか。


そういえば、我が農園の大根、キャベツ、白菜も、成長が早く、巨大化してしまいました。
今頃と、お正月ごろと、2月ごろとにそれぞれ食べられるようにと、3段階に分けて、品種を選んだり、時期をずらして種蒔きしたのですが、一斉に収穫期を迎えてしまいました。

農家では、キャベツが巨大化して、売り物にならず、出荷放棄して、トラクターで掻き回しているところもあるようです。
1月、2月ごろには、野菜が品薄になるかもしれません。
10月、11月の気温が高すぎたようです。


  1. 2006/11/25(土) 16:13:19|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天伯報恩講


先月のお寺での報恩講につづき、地域ごとにも報恩講が開かれます。
公民館を借りて、住職をお招きし天伯報恩講を開催しました。

「南無阿弥陀仏」の名号(掛け軸)を掲げ、仏具、仏花を飾って荘厳の
準備を整えて、皆さんをお迎えします。

今回も地域の檀家の殆どの方が出席して、正信偈や和讃、お文を戴
き、法話を聞きました。
報恩講は、浄土真宗の特徴的なメインイベントです。




左図は正信偈(しょうしんげ)のはじめの部分

  1. 2006/11/21(火) 20:21:31|
  2. 神事、仏事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオクワガタの幼虫

オオクワガタ
オオクワガタの幼虫
産卵木へ産みつけられた卵がかえり、8月の終わりに1cm程度の幼虫を、小さな飼育ビンに移しておいた。

順調に育ち、3~4cmと大きくなったので、更に大きなビンに移し変えた。
来夏には成虫になり、3~5年は生きる。

パソコンを始めて間もない頃、7年前にインターネットでオオクワガタひと番いを買ったものの累代である。

繁殖は、意外と容易にでき、体長65~70mmクラスは、餌の工夫により比較的容易に出現するが、70mm超は容易ではない。
その雄姿はなかなか迫力のあるものである。
大きさの差は、餌と環境、遺伝的資質によるといわれている。


[オオクワガタの幼虫]の続きを読む
  1. 2006/11/19(日) 18:50:39|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

エビが増えた!

昨年の9月に、湧き水の小池にいた2~3cmの小さなエビを数匹取ってきて、水草を入れた小さな水槽で飼った。

抱卵しては1mm位の小エビが10匹程度生まれ育つのを興味深く見ていたが、いつしか忘れてしまっていた。

水草も繁茂し水槽が汚れたので、水替えをしてきれいにしてやったところ、50匹以上に増えていた。
冬を越して、来春には元のところに帰してやることにしよう。
エビ君、楽しませてくれてありがとう。
抱卵したエビ
抱卵したエビ


[エビが増えた!]の続きを読む
  1. 2006/11/16(木) 19:04:30|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の叙勲

シルバーのパソコン教室風景
シルバー人材センターのパソコン教室インストラクターの1人が、11月3日発表の秋の叙勲で「瑞宝小綬章」を受章する。
前職での功績が認められたのだが、仲間内からのこととて大変喜ばしい。

シルバーのパソコン教室風景



シルバー人材センターは、60歳超の人達が会員となっており、様々な分野での人生経験豊富な方達の集まりである。
その知識、技能はもとよりその考え方、価値観もまた多様で、教えられることが多く、時にはその違いに驚くようなこともある。いろいろな人との接触は、いつも新鮮さがあって楽しいものである。


昨年の叙勲でも、同センターで受賞された方があり、近しい人達による祝う会が催され出席させて頂いた。
今回も、これを肴に忘年会を兼ねてと仲間内に諮ったが、あっさり否決されてしまった。もっとも、酒の飲めない人も半数おり、意図を見透かされた気がしないでもない。ちょっぴり残念な気もするがこの仲間とは、今年も忘年会はなし。酒を呑むだけがお付き合いでもなし、呑まない仲間とのこういうお付合いもあってもいい。

  1. 2006/11/15(水) 23:50:21|
  2. ローカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法要

お寺の掲示板

お寺の前住職の17回忌に出席しました。
20人超の僧侶による読経は、なかなか迫力のあるものです。




お寺の掲示板


  1. 2006/11/14(火) 18:32:54|
  2. 神事、仏事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

取材に来ました?

練習です。













シルバー人材センター恒例のバス旅行です。
快晴にたなびく雲の中、取材?のヘリコプターが飛んできました。
ホントカイナ。


  1. 2006/11/13(月) 20:20:07|
  2. ホームページの勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポスティング

1,000軒にチラシ2枚づつのポスティングをやらさせて頂いた。1軒10円である。
考えていたより大変な作業であったが、とても良い経験をさせて頂いた。
350軒が団地、残りの多くが元農家。

団地は、郵便受けが道路に面しており、20~30歩の歩行で軒並みポスティングできて、これは効率が良い。

郊外の農村地帯は、生垣で囲まれた奥まったところの玄関に郵便受けがある。車で屋敷まで入るが、まず番犬がおる。足元まで飛び掛ってきてわめきちらされる。こんな恐ろしい所は目的を果たせず撤退である。これが結構ある。
庭先で家人に会う。必然的に挨拶をする。シルバー人材センターだと名乗ると概して好意的だ。ついつい話をする。時には10分20分にもなる、実に効率が悪い。

団地の郵便受けには、ポスティングする人が多いらしく、チラシが何枚も入っているのもうなづける。なかには「チラシの無断投入お断り」の張り紙も。
こうなるとポスティングの効果は、?である。新聞の折り込みチラシとの差別化にはなりそうもない。

団地の家生垣で囲まれた民家
写真は、ポスティングの楽な団地の家と生垣で囲まれた民家

  1. 2006/11/11(土) 09:41:55|
  2. ローカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

往生安楽国

ゆりの花
40年勤めた前の会社、1期上の先輩が逝った。この半年の間に2人目である。

積極果敢な行動派と熟慮最善追求派と対照的ではあったが、人事制度改革とシステム開発とにそれぞれに大変な貢献をされた。親しくお付き合いさせて頂き、実に多くを学ばせて頂いた。ショックである。

ヘビースモーカーと酒豪でもあった。私は、どっちつかずの中途半端。だから、もう少し長生きしそうである。

昔の先輩や同僚との久しぶりの再会の場をも提供してくれた。
懸命に生きた68年。安らかにおやすみください。


  1. 2006/11/07(火) 19:13:46|
  2. 神事、仏事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おすすめ

土手の菊菊が咲きはじめました。

6月の梅雨時に、5cmほどに切った菊を、我が農園の土手に挿し木したものです。長さ30mほどの土手が間もなく花で埋まります。

花瓶に差して花が終わった後の菊を挿し木にすれば、殆どのものが根付きます。庭の片隅にでも差しておけば、秋に花が楽しめます。


  1. 2006/11/05(日) 20:54:43|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗東市シルバー人材センター

独自事業製品ショーケース
(社)栗東市シルバー人材センターを見学する機会を得た。数々の独自事業に取り組んでおり、展開に創意工夫があって大変参考になった。

竹炭事業専用の釜を2基による竹炭及び竹酢液の製造販売、又その加工製品
荒れた竹林からの材料となる竹の切り出しにより、竹林の再生にも寄与
かぶと虫養殖事業かぶと虫幼虫採集体験学習会、かぶと虫選虫大会、全国かぶと虫サミットなどのイベントの開催
保育園、児童館、老人ホーム、小児科病院などへの寄付
刃物砥ぎ事業定期的に各町内会の公民館などへの出張サービス
その他、竹細工製品、手作り品などの製作販売

  1. 2006/11/01(水) 16:46:09|
  2. ローカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

源之右衛門

Author:源之右衛門
ようこそ!


60歳を過ぎてからパソコンを始めました。別の世界が開けました。お陰でゴルフの世界から撤退です。

150坪の家庭農園からは、無農薬大量虫つき野菜が穫れますが、誰も食べて呉れません。でも、野良仕事が好き、というより陽に当たっていないと体の動きが鈍くなるので、続けるつもりです。どうも私の体は太陽電池で動いているようです。

日が沈むと、さぁ、エタノール燃料電池に切り替えです。また元気がでます。パソコンの世界も拡がります。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
クリックしてネ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター