FC2ブログ

感動の瞬間

この頃は、感動することが少なくなりました。人生経験が長くなったからでしょうか。過って、何を見ても目新しく目を輝かしていたときがありました。 もう一度リセットして新しい発見に胸をときめかしたいものです。

積翆寺温泉

この時期、地域や各種の団体などのボランティアに携わった人達の慰労会が催されます。

積翆寺温泉古湯坊座忘庵バス1台貸切り、甲府市郊外の山の中腹にへばりつくように静かに佇む積翆寺温泉に行ってきました。

積翆寺温泉古湯坊座忘庵

大型バスが入れないため、武田神社で宿のマイクロバスに乗り換えて3km。コンクリートに滑り止めを施した急峻の専用道路をスリルを味わいながら登っていきます。

「鎌倉時代から700余年受け継がれた歴史と、1万坪の雄大な敷地と自然に囲まれた小さな隠れ宿で静かなる贅沢を」と案内されているが、建物は新しく歴史を感じさせるものは見当たらない。

冨士桜ポークの湯葉しゃぶをはじめ趣向の料理が運ばれてきたが、黒米ご飯は、年寄りには堅くててこずっていた人もいたようだ。

宿に入れば、ネオンで誘うあでやかな喧騒とは一切無縁、うっかり宿から出て行こうものなら、崖から転がり落ちるのが関の山。雑念は断ち切れる。
座忘庵と名付けられた所以であろう。




スポンサーサイト



  1. 2007/02/09(金) 11:28:05|
  2. ローカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界一の木造橋 | ホーム | 機会を与えてくれた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kandoo1.blog81.fc2.com/tb.php/66-bf2b7575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

源之右衛門

Author:源之右衛門
ようこそ!


60歳を過ぎてからパソコンを始めました。別の世界が開けました。お陰でゴルフの世界から撤退です。

150坪の家庭農園からは、無農薬大量虫つき野菜が穫れますが、誰も食べて呉れません。でも、野良仕事が好き、というより陽に当たっていないと体の動きが鈍くなるので、続けるつもりです。どうも私の体は太陽電池で動いているようです。

日が沈むと、さぁ、エタノール燃料電池に切り替えです。また元気がでます。パソコンの世界も拡がります。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
クリックしてネ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター