FC2ブログ

感動の瞬間

この頃は、感動することが少なくなりました。人生経験が長くなったからでしょうか。過って、何を見ても目新しく目を輝かしていたときがありました。 もう一度リセットして新しい発見に胸をときめかしたいものです。

龍潭寺(りょうたんじ)

奥浜名湖の山合いに1300年の歴史を刻む龍潭寺を訪れた。

井伊家霊屋
徳川筆頭家老井伊家の菩提寺として、幕末の大老井伊直弼の位牌も祀られている。
井伊家霊屋

左甚五郎作龍の彫り物
建物はじめ数々の所蔵品などの貴重な文化財を擁し、その庭園は名園として知られる。
左甚五郎作の龍の彫り物

たまたま同行者に寺に馴染みの方がいて、住職から特別にいろいろな話が聞けた。

1万坪の境内を擁する名刹にしては、檀家は200軒と少ない。
建物は300年前に建てられたもので、その維持の大変さ、庭園の手入れなど、これだけのものをどうして支えているのか気になるところである。
幕末までは井伊家1軒で維持されてきたとのこと。

井伊の殿様が参詣されるときには、今のVIPも及ばないお供が600人もおり、それを接待するお手伝いも400人を揃えたという、大変さが窺われる。


写真は、庭園を殿様の御座所から眺めたところ。遠景は彼岸、近景は此岸を著わしているとのこと。
国指定文化財名勝記念物 龍譚寺庭園

遠景の向こうの庵が井伊家霊屋で、ご先祖が祀られており、従って遠景はあの世の世界、近景は現世で、殿様はここで彼岸と対面されたなど、パンフレットにない興味深い話が数々聞けた。


スポンサーサイト



  1. 2007/04/11(水) 11:17:41|
  2. 神事、仏事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸田のしだれ桜 | ホーム | クラス会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kandoo1.blog81.fc2.com/tb.php/76-d2df06e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

源之右衛門

Author:源之右衛門
ようこそ!


60歳を過ぎてからパソコンを始めました。別の世界が開けました。お陰でゴルフの世界から撤退です。

150坪の家庭農園からは、無農薬大量虫つき野菜が穫れますが、誰も食べて呉れません。でも、野良仕事が好き、というより陽に当たっていないと体の動きが鈍くなるので、続けるつもりです。どうも私の体は太陽電池で動いているようです。

日が沈むと、さぁ、エタノール燃料電池に切り替えです。また元気がでます。パソコンの世界も拡がります。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
クリックしてネ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


無料カウンター